H&BiT CO.,LTD

溶液

溶液

文書保安

文書保安技術は保安企業資料運営に対するソリューションです。
多くの機関はすべての文書にデジタル及びハードコピープロセスを組み合わせて使用していますが、文書が印刷されたり読まれている間に行なわれるデータ情報流出、ハッキングに対しては全く対策がないのが実情です。これに対する対策として考案された文書保安技術は、ファイルに保存するとか印刷する時、肉眼識別が不可能な形態の微細なブロック単位に区切り、これを混入させて保存、あるいは印刷する技術であり、ハッキングによるファイルは復元が100%不可能となります。また専用アプリケーション及び認証された人だけが情報にアクセスすることが可能です。
文書保安のためにはまずファイルの二進法コードをイメージ化した後、希望する大きさで区切って混入させます。

文書保安 1. 文書を保安されたデジタルファイルで保存するか、印刷する。
2. 認証された人だけが保安ファイルにアクセスできる。 (参照 : DRMは VPN サーバーによって管理される)
3. 保存または印刷された文書は end-to-endで保安処理される。
4. プリンター及びスキャナのRAMに一時的に保存された文書も やはり自動的に保安される。

大田広域市 東区 テジョンロ 757 6階TEL : +82-42-621-3789 FAX : +82-42-631-3836E-mail : hnbit2016@gmail.com

COPYRIGHT(c) H&Bit Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.